2015/4/1

「第二の創業期」50周年を迎えて

代表取締役 三島岳人
代表取締役 三島岳人

本年、当社は1965年の創業から50年という大きな節目の年を迎えました。これもひとえに、従業員とその家族に支えられ、お客様に愛され、協力会社の皆様にご協力をいただいたおかげと深く感謝申し上げます。創業当初は、鋳造木型製作の個人事業所として現会長がノミ、カンナと最低限の木工機械をそろえ夫婦二人三脚でスタート。「お客様のご要望にとことん応じる姿勢」を大切に、日夜業務に努めてまいりました。
時代が変化していく中で、常にお客様のニーズに合った付加価値とは何かを考え、積極的な設備投資や難易度の高い仕事にチャレンジすることで技術力の向上と会社の発展を実現してきました。それと同時に家内工業から会社組織へ「ものづくりは人づくりから」自分で考え行動できる社員と、お互いを尊重し皆が協力し合う社風を求め続けることが、お客様に愛される企業として社の永続につながっていくと考えております。
このたび50周年を迎えるにあたり、当社の「第二の創業期」と位置づけて、次代を担う人材の育成と活気ある会社づくりに取り組む所存です。企業理念にも掲げました「お客様の競争力強化に貢献する」の精神で、これからも社会のお役に立てる「人が育つ会社」をめざしていきたいと思います。
昨今の経済情勢のもと、私たちを取り巻く環境はたいへん厳しいものがありますが、50年の歴史を胸に、心新たに社業の発展に努力を重ねてまいります。今後もご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


株式会社マルサン木型製作所
代表取締役 三島 岳人



ホームへ先頭へ前へ戻る